阿部夏澄 / Kazumi Abe, 相島大地 / Daichi Aijima, 礒谷権太郎 / Kentaro Isotani

2014.01.26 Sunday | by 長田哲

阿部夏澄 / Kazumi Abe 写真作家

ジェンダー、セクシャリティをテーマとし、主にポートレート写真を撮影している。



 

1981 新潟県生まれ、現在東京都在住

2004 日本女子大学人間社会学部文化学科中退

個展
2006 「Gallery bakchos、国立、東京

         「momoiro no namida2Gallery mignons、荻窪、東京

2005 「ふわりGalleryBar 26日の月、高田馬場、東京

2004 「momoiro no namidaGallery mignons、荻窪、東京

主なグループ展

2011 「シャバクラ!VACANT、原宿、東京

         「歌舞伎町アートラウンジテクノスペース歌舞伎町、東京

2009 「Let’s Pink!FARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京

2007 「ポートレート専科Gallery LE DECO、渋谷、東京

2006 「GEISAI#10東京ビッグサイト、有明、東京

         「linemona records、下北沢、東京

受賞歴

2006 「GEISAI#10hiromi yoshii

「日本海は、雨。」より

2013

写真

Website: Kazumi Abe

相島大地 / Daichi Aijima グラフィックデザイナー

主に美術関連のポスターやDM等宣伝物の制作、アーティストや写真家の作品集のデザインをする。NO UNDERSTANDというプロジェクトでは、グラフィックデザインを応用したステッカーなどのプロダクトを制作し、ミュージアムショップやセレクトショップ等で販売中。



1981 神奈川県生まれ

2005 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業

主なグループ展

2013 「NICE TO MEET YOU Issue.2」十和田市美術館、十和田市、青森県

         PHOTO FAIR EINSTEINTSUTAYA TOKYO ROPPONGI、六本木、東京

         PHOTO FAIR EINSTEINTURNER Gallery、南長崎、東京

         NICE TO MEET YOUKATA、恵比寿、東京

         NICE TO MEET YOU61NOTE Gallery、台北、台湾

         EXTRA PREVIEW #6TABLOID、日の出、東京

2011 「Make It Visible 4DOROTHY VACANCE、大森、東京

2010 「PHOTO GRAPH」東中野徒歩一、東中野、東京

         Let's Pink! 3WOMB LOUNGE、渋谷、東京

         Let's Pink! 2WOMB LOUNGE、渋谷、東京

2009 「Make It Visible 2」東中野徒歩一、東中野、東京

         「Let’s Pink!FARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京

         JIJI New Creators ExhibitionTURNER Gallery、南長崎、東京

2008 「shibuya 1000」渋谷駅地下コンコース、渋谷、東京

         Make It Visible」東中野徒歩一、東中野、東京

         Galaxy Slide ExhibitionGalaxy Countach、新宿、東京

受賞歴

2007 「TDC2007」入選

2004 「第23回グラフィックアートひとつぼ展」入選

MAKE IT VISIBLE POSTER

2012
offset print on paper

51.5×72.8cm

Back to Nature

2010

carbon and watercolor on paper

Website: Daichi Aijima

礒谷権太郎 / Kentaro Isotani 彫刻家

「『Let's Pink! 4』に参加するにあたって」

 平素僕たちが様々な場所で目にするピンク色は、可愛らしいイメージ、あるいは風俗産業の旗印として消費を促すことを目的に利用したに過ぎないものが多いように思う。しかし6070年代アメリカを中心にしてピンクを冠したロックグループやカルトムービーが多く生み出されたことが示すように、ピンク色が合理主義、権威主義、ことに軍国主義に対して、否を唱える性格を持ち合わせていた(愛、平和、性や、自由、時には不真面目さによって。)ということに思いを巡らせることができる。とすれば「Let's Pink!」が今回日本の沖縄で開催されることにはとても強い必然性があるし、今改めて我々が何に対して、如何にピンク的に対峙しなければならないか問い直す必要があると思う。

1975 鳥取県生まれ

1998 金沢美術工芸大学彫刻専攻卒業

2000 金沢美術工芸大学大学院修士課程彫刻専攻修了

主な個展

2009 「Keep Smiling ! God Loves Idiots !art project frantic、日本橋、東京

2008 「INSTANT DOGMAGallery KINGYO、千駄木、東京

2005 「TransvestitesGallery KINGYO、千駄木、東京

         「礒谷権太郎展」鬼子母神、雑司が谷、東京

主なグループ展

2010 2010 FRANTIC UNDERLINESFrantic Gallery、三宿、東京

2009 Let's Pink!FARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京

         「My favorite thingsart project frantic & unseal gallery、日本橋、東京

         「101 Tokyo Contemporary Art Fair 2009Akiba Squareart project franticブース、秋葉原、東京

2008 「MR1109NONAME、浜松町、東京

         「KINGYOの金魚展」Gallery KINGYO、千駄木、東京

         「初台現代音楽祭」初台、東京

2006 「Toy Box Vol.3」大塚RED-ZONE(ライブハウス)、大塚

2005 「立体7人展」Gallery 52、飯田橋、東京

2004 「金の美 銀の座」小野画廊、京橋、東京 

2002 「Size of The World」山脇ギャラリー、市ヶ谷、東京

2000 「カワグチアートクラブ」LILIAギャラリー、川口、埼玉

受賞歴

2006 「GEISAI10」美術手帖賞、GIANT ROBOT賞、girlswalker

smiling fats (They gave you 1000 Angels)

2009

mixed media

64×34×15cm

Website: Frantic Gallery


替場綾乃 / Ayano Kaeba, 長田 哲 / Satoshi Osada

2014.01.23 Thursday | by 長田哲

替場綾乃 / Ayano Kaeba (アーティスト)


変形パネルを中心に様々な支持体に、現代的なモチーフを織り込んだ文様のような絵柄を施した作品・インスタレーションを制作している。


 

1984 神奈川県生まれ
2008 多摩美術大学美術学部絵画科油画科卒業
          
個展
2012 GALLERY MoMo Roppongi、六本木、東京

2009 GALLERY MoMo Ryogoku、両国、東京

グループ展

2009 「winter session of 4 artist - Spring is here? -」西武渋谷店、渋谷、東京
         「Let's Pink!FARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京
         「Summer Group Show Hop Step JumpGALLERY MoMo Roppongi、六本木、東京
2008 「Opening ExhibitionGALLERY MoMo Ryogoku、両国、東京
         「ART AWARD TOKYO 2008」行幸地下ギャラリー、丸の内、東京

2007 「WONDER SEEDS 2007」トーキョーワンダーサイト渋谷、渋谷、東京
         「fore runnersfour eggsGALLERY MoMo、六本木、東京
受賞歴

2007 「ワンダーシード2007」入選

Profile

2009

acrylic and paint on wood

46×32×2.1cm

Website: GALLERY MoMo



 

長田  / Satoshi Osada (アーティスト)
 

紙に色鉛筆や水彩、墨汁を用い、浮世絵や80年代のテレビゲームのように鮮やかな色面で区切り、シンプルな形態を描きだす。イメージを想像させる音楽の抽象性に惹かれ、電子音楽のメロディー、リズム、ハーモニー等を絵画化し、リミックスするようにドリッピングしたりコラージュしたりしている。



1980 静岡県生まれ
2000〜東京都在住
2004 国学院大学文学部哲学科卒業

2013〜沖縄県在住

個展
2013 「重畳するミクロコスモス -Microcosmos Superposed-GALLERY MoMo Projects、六本木、東京
2009 「Microcosmic ChaosFARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京
2003 「電子音楽の世界 -electronic music world-TKGY at lammfromm、代々木、東京

主なグループ展

2011 「見えるようにすること4DOROTHY VACANCE、大森、東京
         「YELLOW ROADDOROTHY VACANCE、大森、東京
2010 「クレー展 -Post Klee-」東中野徒歩一、東中野、東京
         「Let’s Pink! 3WOMB LOUNGE、渋谷、東京
         「Let’s Pink! 2WOMB LOUNGE、渋谷、東京
         「TOKYO WEDDINGT&G ARTS TOKYO、六本木、東京
2009 「見えるようにすること2」東中野徒歩一、東中野、東京
         「Let’s Pink!FARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京
         「NEXT DOOR MIX EXHIBITIONT&G ARTS TOKYO、六本木、東京
         「時々」TURNER GALLERY、南長崎、東京
2008 「@hitotsubo.jp」ガーディアン・ガーデン、銀座、東京
         「見えるようにすること -Make It Visible-」東中野徒歩一、東中野、東京
         「NO PROGRAMTURNER GALLERY、南長崎、東京
2007 「NEXT DOOR vol.5T&G ARTS TOKYO、六本木、東京
         「ワンダーシード2007」トーキョーワンダーサイト渋谷、渋谷、東京
2006 「第26回グラフィックアートひとつぼ展」ガーディアン・ガーデン、銀座、東京

パフォーマンス
2010 「Let’s Pink! 3WOMB LOUNGE、渋谷、東京
2009 「Microcosmic ChaosFARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京
         「NEXT DOOR MIX EXHIBITIONT&G ARTS TOKYO、六本木、東京
2007 「NEXT DOOR vol.5T&G ARTS TOKYO、六本木、東京

プロジェクト

2014 「Let’s Pink! 4」gallery ラファイエット、沖縄、沖縄
2012 「MAKE IT VISIBLE POSTER 2
2011 「見えるようにすること4DOROTHY VACANCE、大森、東京
         「MAKE IT VISIBLE POSTER 1
2010 「見えるようにすること3」東中野徒歩一、東中野、東京
         「Let’s Pink! 3WOMB LOUNGE、渋谷、東京
         「Let’s Pink! 2WOMB LOUNGE、渋谷、東京
2009 「見えるようにすること2」東中野徒歩一、東中野、東京
         「Let’s Pink!FARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京
2008 「見えるようにすること -Make It Visible-」東中野徒歩一、東中野、東京

受賞歴

2007 「ワンダーシード2007」入選

2006 「第26回グラフィックアートひとつぼ展」入選

2003 「GEISAI3」小山登美夫ギャラリー賞


Microcosmic Girl

2010-11
color pencil, pencil and water color on paper
21.0×28.0cm



Microcosmic Girl

2009
color pencil, pencil and water color on paper
28.0×21.0cm

Website: satoshi osada.com


武居功一郎 / Koichiro Takesue, 平尾菜美 / Nami Hirao, 平川恒太 / Kota Hirakawa

2014.01.17 Friday | by 長田哲

武居功一郎 / Koichiro Takesue (アーティスト) 


写真をコンピュータに取り込み、一見すると古典的な油彩画のマチエールを思わせるパターンを用いてデジタル処理している。膨大な作業によって処理され、ヴァーチャルな筆致を持つその画面は、フラットな出力紙との相反効果も作用し、既視感と不可思議さのはざまで観者の知覚を揺さぶる。



 

1974年生まれ個展

個展
2014 「modalitywaitingroom、恵比寿、東京
2011 「Picture Elementwaitingroom、恵比寿、東京
2009 「STOPPING ATwaitingroom、三軒茶屋、東京

グループ展
2013 「YOUNG ART TAIPEI(アートフェアー)」Sheraton Grande Taipei Hotel 台北喜來登大飯店、台北、台湾
2012   Gallerist Meeting x SOMEWHERE 非日常のライフスタイル」渋谷ヒカリエ 8/CUBE 1,2,3、渋谷、東京
         「VOCA 2012」上野の森美術館、上野、東京
         「New City Art Fair(アートフェアー)」hpgrp Gallery New YorkNYUSA
2011 「ULTRA004(アートフェアー)」スパイラル、青山、東京
         「in the waitingroomwaitingroom、恵比寿、東京
2010 「ULTRA003(アートフェアー)」スパイラル、青山、東京
         「ART FAIR FREEVACANT、原宿、東京
         「ある不在の痕跡」在日フランス大使館旧庁舎、南麻布、東京
2009 「ULTRA002(アートフェアー)」スパイラル、青山、東京
         「NEXT DOOR MIX EXHIBITIONT&G ARTS TOKYO、六本木、東京
         「between points2人展)」someone's garden、新宿、東京
2008 「ワンダーシード2008 トーキョーワンダーサイト渋谷、渋谷、東京
2007 「NEXT DOOR vol.2T&G ARTS TOKYO、六本木、東京


受賞
2012 「VOCA 2012」奨励賞受賞



untitled

2011

Digital C Print

38.6×72.8cm


untitled

2011

Digital C Print, plastic film, aluminum frame, plexiglass

25.5 x 20.5cm each


Website: waitingroom

 


 

平尾菜美 / Nami Hirao (アーティスト)

人や物の周りを取り巻く目に見えない力を感じ、視覚を超えた身体感覚を喚起させる繊細なインスタレーション作品を制作し発表している。


 

1983 神奈川県生まれ

2003 女子美術大学短期大学部テキスタイル専攻卒業

2007 女子美術大学大学院ファッション造形研究領域修了

2011 東京写真学園卒業

展覧会

2013 「千代田芸術祭2013 / アンデパンダン」3331 Arts Chiyoda、東京

         「中之条ビエンナーレ2013」、中之条、群馬

         「77日展」PROMO ARTE PROJECT GALLERY、青山、東京

         「PHOTO FAIR EINSTEINTURNER Gallery、南長崎、東京

         「ART DUBAI」ジュベルアリ、ドバイ

2011 「77日展」千疋屋ギャラリー、京橋、東京

         「2011214」ギャラリーKINGYO、千駄木、東京

         「わくわく渋谷」 トーキョーワンダーサイト渋谷、渋谷、東京

         「第3 路地探茶話会」RAFT、中野、東京

2010 「PHOTO GRAPH」東中野徒歩一、東中野、東京

         「Let’s Pink! 3WOMB LOUNGE、渋谷、東京
         「Let’s Pink! 2WOMB LOUNGE、渋谷、東京

         「第2 路地探茶話会」RAFT、中野、東京

2009 「第1 路地探茶話会」RAFT、中野、東京

         「万有引力の変則」東中野徒歩一、東中野、東京

         「ギャラリーKINGYO 小品展」ギャラリーKINGYO、千駄木、東京

         「時々 NEW CREATORS EXHIBITIONTURNER Gallery、南長崎、東京

2008 「NO PROGRAM 2TURNER Gallery、南長崎、東京

         「ギャラリーKINGYO 小品展」ギャラリーKINGYO、千駄木、東京

         「GEISAI11東京ビッグサイト、有明、東京

         「ヨコハマ市民が育てる美術展」ランドマークホール、横浜、神奈川

2007 「ART KAWASAKI 2007THINK、川崎、神奈川

         「Rua 2007 installation eventsite、恵比寿、東京

         「体〜空 karadakarakara 展」ギャラリーKINGYO、千駄木、東京

2006 「水の記憶・反復と再生プロジェクト/ヒグマ春夫 衣装・泥染めワークショップ」越後妻有アートトリエンナーレ、新潟

         「ざわざわBOXPEACE GALLERY、東京


0Zero

2013

風船、糸、四万川の小石や流木、古着

サイズ可変、インスタレーション(@中之条ビエンナーレ)

Website: Nami Hirao




 

平川恒太 / Kota Hirakawa (画家、アーティスト)


ポップな作風を基調としながら、入念なリサーチを重ね、社会問題、人類の欲望、環境問題、神話などをテーマに作品を制作している。事物の本質を画家の目を通して捉えることで、絵画という永い歴史と人類史を見つめる。



 

1987 埼玉県生まれ

2006 埼玉県立大宮光陵高等学校美術家卒業

2011 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業

2013 東京芸術大学大学院絵画専攻修士課程修了

個展

2013 「けいしょうされぬ記憶と形」Bambinart Gallery、東京

2012 「平川恒太展Cafe lamp、東京

2011 「豊かな絵画と、豊かな世界」Bambinart Gallery、東京

         「FOXのちから」Bambinart Gallery、東京

         ANA MEETS ART」羽田空港ラウンジ、東京

2010 「The Neverending Story -Hirakawa Kota Solo Exhibition原爆の図 丸木美術館、埼玉

         「平川恒太『考え・ない』」Turner Gallery、東京

2009 「人間、自然、社会平川恒太展Cafe lamp、東京

2006 「平川恒太展Cafe lamp、東京

グループ展

2013 「トーキョーワンダーウォール公募2013入選作品展」東京都現代美術館、東京

         「アートアワードトーキョー丸の内2013」行幸地下ギャラリー、東京

         「東京、トウキョウ、TOKYOBambinart Gallery、東京

         「損保ジャパン美術賞展 FACE2013」損保ジャパン東郷青児美術館、東京

         「ゴールデンコンペティション2012」OAPアートコートギャラリー、大阪

         「ゴールデンコンペティション2012」ターナーギャラリー、東京

2012 Keep A Breast」表参道ヒルズ、東京

2011 THE COLOR OF FUTURETURNER GALLERY、東京

         「アートが山をのぼること」日蓮宗大本山清澄寺・釈迦寺、千葉

         「第2回、道徳展」Art Center Ongoing、東京

2010 「本郷芸術スター誕生」AiCOLORS FACTORY、東京

         「ひとひと」Bambinart Gallery、東京

2009 「道徳展」Turner Gallery、東京

         NEGAPOP展」シンワアートミュージアム、東京

         「電車展」山手線外回り二両目、東京

         「ヒーロー展」Turner Gallery、東京

         「時々」Turner Gallery、東京

         「混浴温泉世界 別府現代芸術フェスティバル2009」わくわく混浴アパートメント、大分

2008 THE SIX」代官山ヒルサイドテラス、東京

         VIA ART」シンワアートミュージアム、東京

         Curriculum Vitae 2008」ワダファインアーツ、東京

         「shadowy talegallery ni modo、東京

         「群馬青年ビエンナーレ」群馬県立美術館、群馬

         GEISAI ミュージアム#2」東京ビッグサイト、東京

         「ワンダーシード2008トーキョーワンダーサイト渋谷、東京

         KOTOBUKI CREATIVE ACTION2008」神奈川

2007 THE SIX」 赤レンガ倉庫、神奈川

         「ワンダーシード2007トーキョーワンダーサイト渋谷、東京

         「アサヒ・アートフェスティバル渡良瀬アートプロジェクト」足尾渡良瀬社宅、栃木

2006 GEISAI#10」東京ビッグサイト、東京

主な受賞

2013 「アートアワードトーキョー丸の内2013」 三菱地所賞

         FACE2013 損保ジャパン美術賞展」 審査員特別賞

2012 「ゴールデンコンペティション2012」 ゴールデン賞(グランプリ)

2011 「福沢一郎賞」

2009 「ゴールデンコンペティション2009」 優秀賞

2008 「VIA ART2008」 EFD KURATA

         「ワンダーシード2008」 入選

2007 「ワンダーシード2007」 入選

作品番号,41、どこから来たか、どこへ行く 

2011

アクリル、油彩、キャンバス

91.0×73.0cm


Trinitite- 山下、パーシバル両司令官会見図

2013

アクリル、油彩、キャンバス、フレーム

180.7×225.5cm


Website: 平川恒太の共同研究所Bambinart Gallery


Erika Yamashiro / 山城えりか, Osamu Watanabe / 渡辺おさむ

2014.01.12 Sunday | by 長田哲

山城えりか / Erika Yamashiro (画家、アーティスト)
 

エレガントでデコラティブに「物語を紡ぐ」ように、フェミニンで幻想的な世界を描く。東京、沖縄、ロサンゼルス、マイアミ、香港などで展示多数。芥川賞作家や直木賞作家などの装画の仕事もしている。2013年6月に東京から沖縄へ生活の拠点を移した。
 

1979 沖縄県生まれ

2002 女子美術短期大学卒業

2005 セツモードセミナー卒業

個展

2013 「striped tailGALLERY MoMo Projects、六本木、東京

2011 「erikaticaM&A Gallery、沖縄

2009 「erratic dollFARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京

2005 「山城えりか展」S.c.o.t.t、銀座、東京

         「山城えりか展」ギャラリーラファイエット、沖縄

2004 「山城えりか展」ギャラリーラファイエット、沖縄

グループ展

2013 「Pretty GirlsAbove Second gallery、香港

         「Affordable アートフェア」香港

2012 「Hello Spring!GR2、ロサンゼルス、USA

2010 「『あれから20年、これから20年』未来に届くアート展」ガーディアン・ガーデン、銀座、東京

         「Let’s Pink!2」WOMB LOUNGE、渋谷、東京

         「TOKYO WEDDINGT&G ARTS TOKYO、六本木、東京

2009 「Let’s Pink!FARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄、東京

         「Revolution Art 2009 Taipei」ヒロミヨシイブース、台北、台湾

         「NEXT DOOR MIX EXHIBITIONT&G ARTS TOKYO、六本木、東京

         「GEISAI12東京ビッグサイト、有明、東京

2008 「'08年末チャリティー企画 266人のクリエイターによる『大切に使いたい』ビニール傘展」ガーディアン・ガーデン、銀座、東京

         「Curriculum Vitae 2008」ワダ ファイン アーツ、築地、東京

         「GEISAI11」長田哲、寺島茜と三人展、東京ビッグサイト、有明、東京

         「@hitotsubo.jp」ガーディアン・ガーデン、銀座、東京

         「GEISAIミュージアム2」グループ出展(長田哲、山城えりか、山本絵里、渡辺おさむ)東京ビッグサイト、有明、東京

         「familiar friendsprojectgallery、ロサンゼルス、USA

2007 「VAE」持塚三樹企画、アート カゲヤマ、藤枝、静岡

         「'07年末チャリティー企画 290人のクリエイターによるオリジナルカップ&ソーサー展」ガーディアン・ガーデン、銀座、東京

         「GEISAI in GIANT ROBOTKaikai Kiki presentsGR2、ロサンゼルス、USA

         「NEXT DOOR vol.2T&G ARTS TOKYO、六本木、東京

         「第28回グラフィックアートひとつぼ展」ガーディアン・ガーデン、銀座、東京

         「デブリプロジェクトVo.1」ギャラリー・ルデコ、渋谷、東京

         「ワンダーシード2007」トーキョーワンダーサイト渋谷、渋谷、東京

2006 「NADA Art Fair MiamiKaikai Kikiブース、The Ice Palace Film Studios、マイアミ、USA

20022006 「GEISAI1」〜「GEISAI10」まで(ミュージアム含む)GEISAIに皆勤で出展

2001 「芸術道場GP」東京都現代美術館、東京

受賞歴

2007 「ワンダーシード2007」入選

         「第28回グラフィックアートひとつぼ展」入選

2006 「GEISAI10」美術手帖賞、GiantRobot賞、皆勤賞

2005 「GEISAI7Casa BRUTUS

2001 「芸術道場GP」イラストレーション編集部スカウト賞

パブリックコレクション

ピゴッツィコレクション


melancholy

2012

acrylic on canvas

31.6cm×22.6cm


carnival

2010

pencil on paper

35.7cm×21.0cm

Website:
Erika Yamashiro



 


渡辺おさむ / Osamu Watanabe (アーティスト)


スイーツデコの技術をアートに昇華させた第一人者。本物そっくりのカラフルで精巧なクリームやキャンディ、フルーツなどを用いた作品は、国内外で個展が開催され話題を呼ぶ。2012年に初の作品集が出版され、大原美術館や清須市はるひ美術館に作品がコレクションされている。


1980 山口県出身

2003 東京造形大学デザイン科卒

主な展覧会

2013 「渡辺おさむ お菓子の神様」兵庫県立円山川公苑美術館、豊岡、兵庫

         「小さな世界へようこそ」高松市美術館、高松、香川

2012 「渡辺おさむ お菓子の美術館」清須市はるひ美術館、清須、愛知

         「渡辺おさむ OHARA-DECO」大原美術館、倉敷、岡山

2011 「渡辺おさむ展」Ton-in Gallery、ソウル、韓国

         「kawaii展上海」上海、中国

         「渡辺おさむ展 CHA2011 LOS ANGELES」LA、USA

2010 「Sweet wonder land」apm mall、香港

         「超カワイイ主義宣言」山ノ内町立志賀高原ロマン美術館(長野)

         「日本」トルコ現代芸術センター、アンカラ、トルコ

2009 「非/現実のメタファー アニマミックス・ビエンナーレ」上海現代美術館MOCA、上海、中国

         「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」新潟

2008 「Lineart(アートフェアー)」ゲント、ベルギー

         「If you're happy, clap your hands 」Andrew James Art、上海、中国

         「MiArt(アートフェアー)」ミラノ、イタリア

         「CIGE」個展ブース、北京、中国

2007 「ECO×DESIGN」上海現代美術館MOCA、上海、中国

著書

2013 『OSAMU WATANABE POSTCARD BOOK』パルコ 

2012 『OSAMU WATANABE SWEET OR UNSWEET?』ビー・エヌ・エヌ新社

パブリックコレクション

大原美術館、清須市はるひ美術館、山ノ内町立志賀高原ロマン美術館


Peacock

2007

モデリングペースト、パラフィン

72.8x103cm

Website: 
Osamu Watanabe


Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM