「 Let's Pink! 4」ステイトメント

2014.01.01 Wednesday | by 長田哲

 「Let's Pink!」は、東京で2009年から2010年にかけて計3回行われた展覧会です。4回目の今回、新たに場所を沖縄のgallery ラファイエットに移して行われます。
 この展覧会「Let's Pink!」は、ピンクをテーマカラーにして、ピンクを使った表現に自覚的に向き合い、その豊かな魅力を引き出していく試みです。この試みに参加するアーティストは相島大地、阿部夏澄、礒谷権太郎、長田哲、替場綾乃、武居功一郎、平尾菜美、平川恒太、山城えりか、渡辺おさむの10名です。彼らは、主に2000年代に東京でアーティスト活動をし始めました。各々ペインティングやドローイング、立体、写真、デジタルプリント、インスタレーションなど、表現方法は様々です。彼らの表現には同時代性とともに、一つのメディアに収まりきらない表現の幅を感じることができます。
 そんな彼らに「ピンク」というテーマを共有してもらい、この色のもつ新たな可能性を探り出していきます。ピンクには、癒しの効果や女性ホルモンの分泌を促す効果、穏やかな気持ちにさせる効果などがあると言われていますが、このような効果だけではなく、表現の仕方、表現の捉え方の違いによって、この色はいろいろな表情を見せることができるはずです。きっと、ピンクのもつ深みに包みこまれることもあれば、思いもよらないピンクの魅力に驚きを覚えることもあると思います。
 企画者である私、長田哲は、2013年に13年間生活していた東京を離れ、妻でアーティストの山城えりかと、彼女の故郷である沖縄に移住しました。気候も人々も暖かく、豊かな包容力をもった沖縄という新天地で、アーティストとしての新たな可能性を探り出していくこと――それは、人々を包摂して魅了するピンクの新たな可能性を探り出していくという、この「Let's Pink!」の趣旨とも重なりあっています。今「Let's Pink!」という企画に沖縄で新たな息吹を与えることによって、2000年代から続いている東京のアートシーンの一部を沖縄に引き込めること、また、沖縄という場所で新たに生まれた作品たちを紹介できることに、喜びとやりがいを感じています。是非ご高覧ください。

20141 アーティスト/Let's Pink!」代表 長田哲


『Let's Pink!3』ステイトメント

2010.07.05 Monday | by 長田哲
 長田哲キュレーションのグループ展『Let's Pink!』の第3弾を、2010年8月12日に渋谷のライブハウス、WOMB LOUNGEにて開催します。

 『Let's Pink!』とは、ピンクをテーマカラーにして、ピンクを使った表現に自覚的に向き合い、その豊かな魅力を引き出していく試みです。1回目は2009年10月に東京清澄のギャラリー、FARM the salon for art, Tokyoにて、2回目は2010年6月10日に3回目の今回と同じく、WOMB LOUNGEにて行われました。

 今回は、既成概念に捉われず、ジャンルを自由自在にクロスしていくことで、より新しく、より楽しく、より良いものをつくり出していく、という考えから、「コラボレーション」に焦点を当て構成しました。この試みに参加するアーティストは、相島大地&長田哲、平尾菜美の2組です。東中野にあるアトリエ/ギャラリー、「東中野徒歩一」とのコラボレーションにより、東中野徒歩一に関わっているアーティストから選出しました。相島大地は東中野徒歩一の代表/グラフィックデザイナー、平尾菜美はアトリエメンバー/フォトグラファー、長田哲は今秋からギャラリーに携わるキュレーター/アーティストです。

 2組共、映像作品を出展します。平尾菜美はミュージシャンのOni氏とコラボレートし、音楽と映像の既成ジャンルを飛び越えた新作を発表します。相島大地&長田哲は、これまで行ってきた多くのコラボレーションの中でも、音楽にインスパイアされた映像作品に焦点を当て、今までに制作した作品を自分たち自身でコラージュした新作を発表します。

 『Let's Pink!』では、出展作家が「ピンク」というテーマを共有し、この色のもつ新たな可能性を探り出していきます。きっと、ピンクのもつ深みに包みこまれることもあれば、思いもよらないピンクの魅力に驚きを覚えることもあると思います。今回の『Let's Pink!』第3弾(通称『Let's Pink!3』)も前回に引き続き、『Let's Pink!』と同じくピンクをテーマカラーにしているクラブパーティー『RITOX』と同時開催します。

2010年7月 アーティスト/『Let's Pink!』代表 長田哲

『Let's Pink!2』@WOMB LOUNGE ステイトメント

2010.05.01 Saturday | by 長田哲

 長田哲キュレーションのグループ展『Let's Pink!』の第2弾を、2010年6月10日に渋谷のクラブ、WOMB LOUNGEにて開催します。


 『Let's Pink!』とは、ピンクをテーマカラーにして、ピンクを使った表現に自覚的に向き合い、その豊かな魅力を引き出していく試みです。1回目は2009年10月に東京清澄のギャラリー、FARM the salon for art, Tokyoにて行われ、好評をおさめました。


 2回目の今回、この試みに参加してもらうアーティストを7人選出致しました。相島大地さん、AVUさん、礒谷権太郎さん、ジャガ一郎さん、武居功一郎さん、平尾菜美さん、山城えりかさんの7人です。ペインティングやドローイング、立体、写真、デジタルプリントなど、各々の表現方法は様々です。このように様々な方法で表現しているアーティストを選出したのは、既成概念に捉われず、ジャンルを自由自在にクロスしていくことで、より新しく、より楽しく、より良いものをつくり出していけるのではないか、と考えているからです。また、彼ら自身の人柄は勿論、作品制作に対する姿勢やアートに対する考え方が如実に反映される作品そのものに共感しています。その上、彼らの表現に同時代性を感じながらも、一つのメディアに収まりきらない表現の幅を感じています。


 『Let's Pink!』では、そんな彼らに「ピンク」というテーマを共有してもらい、この色のもつ新たな可能性を探り出していきます。きっと、ピンクのもつ深みに包みこまれることもあれば、思いもよらないピンクの魅力に驚きを覚えることもあると思います。今回の『Let's Pink!』第2弾(通称『Let's Pink!2』)は、『Let's Pink!』と同じくピンクをテーマカラーにしているクラブパーティー『RITOX』と同時開催します。是非ご高覧ください。


2010年5月 アーティスト/『Let's Pink!』代表 長田哲


『Let's Pink!』ステイトメント

2009.09.04 Friday | by 長田哲
 ピンク――それは、今回キュレーションを担当したアーティスト長田哲と山城えりかが作品によく使う色です。私たちがピンクをよく使うのは、ピンクが持っているあたたかさや優しさ、可愛らしさなどを好んでいるからなのかもしれません。しかし、この色のもつ魅力はそれに尽きないはずです。表現の仕方、表現の捉え方の違いによって、この色はいろいろな表情を見せることでしょう。ときには母性を象徴する癒しの色でもあれば、ときにはポルノを想起させるような、どぎつく、いかがわしい色でもあるかもしれません。今回の展示は、ピンクをテーマカラーにして、ピンクを使った表現に自覚的に向き合い、その豊かな魅力を引き出していく試みです。  この試みに参加してもらうアーティストを、7人選出致しました。彼らは、私たち2人がアーティスト活動をする中で知り合ったアーティストの中でも、特に近年共感すると共に尊敬するアーティストたちです。相島大地さん、礒谷権太郎さん、磯邉美香さん、上原希さん、替場綾乃さん、白魚トーフさん、持塚三樹さんの7人です。各々ペインティングやドローイング、立体、写真など、表現方法は様々です。私たちがなぜ彼らに共感するのかと言うと、彼ら自身の人柄は勿論、作品制作に対する姿勢やアートに対する考え方が如実に反映される作品そのものに共感できるからです。  今回の展示では、そんな彼らに「ピンク」というテーマを共有してもらい、この色のもつ新たな可能性を探り出していきます。きっと、ピンクのもつ深みに包みこまれることもあれば、思いもよらないピンクの魅力に驚きを覚えることもあると思います。是非ご高覧ください。 2009年9月 アーティスト/『Let's Pink!』代表 長田哲、山城えりか

Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM